ヴォクシー リアゲート板金 リアバンパー修理

2019.09.13 Friday

0

     

    ヴォクシーの リアゲート、 リアバンパーの損傷です

    赤丸部分がお客様から言われた部分ですが

    リアゲートの閉まりが悪くドアの警告灯が点灯していますので

    作業前に損傷をよく確認します

     

     

     

    角度を変えて損傷を確認すると

    プレスラインをまたいで

    広範囲に歪んでるのがわかります

    中央付近にもゲートとバンパー両方に歪みがあります

    中央付近の損傷が閉まりの原因と思われます

     

     

    さらに別の角度から見てみると

    ミミ折れと広範囲に歪んでるのがわかります

    中央付近にも接触痕があるのがわかります

     

     

     

    バンパーはキズと変形と亀裂が確認できます

     

     

    バンパーを外すとバックパネルも損傷しています

    バンパー取付部の曲りも修正しますが

    全体的に押されています

    閉まりが悪い原因はこれです

    このパネルを正常に戻さないと閉まりがなおりません

     

     

    損傷は確認できましたのでお客様のご要望の

    安価に修理したいとのご依頼ですので部品ゼロで修理したいと思います

     

     

    バンパーは変形、亀裂を修正しパテで仮組

    バックパネルも修正していきます

    使用している工具は油圧式でなくエアー式なので室内を汚す心配はありません。

    しかもこの工具はパワーがあるのでガッチャなどで無理に引きパネルを余計に痛めるようなこともありません

     

     

    リアゲートを

    とりあえずヘコミを

    なおしてみました

     

    使用しているのは右下に見える棒です

     

    このような損傷はなるべく塗装を剥がさず作業した方がプレスラインを崩さず

    全体的な歪みがなくなるのが確認できますので

    パテ範囲が小さく済みます

    下部のミミ折れ部分は塗膜が剥けましたので後は通常のハンマリングで均していきます

     

     

    別角度から見ても

    塗膜が残っているのでパネルに映り込んだ風景で、どのくらい歪みがとれたか確認できます

     

     

     

     

    他の工場様のリアゲートの施工例画像をみると、塗装を剥いてスタッド溶接機で引っ張りだしているのをよくみかけますが

    それがダメとは言いませんが、鉄板が伸びたりプレスラインを崩してしまいパテで成形しなくてはならないことが多く

    特にリアゲートの場合はパネルの開け閉めでのパテ割れのリスクが高いので

    自分のこだわりですが道具が入るなら塗膜をなるべく生かすようにして粗出し作業をするようにしています

    そうすることによりパテ範囲は最小限になりパテ膜も薄く済むのでパテ割れのリスクや経年劣化によるパテ浮きも回避できます

     

     

     

     

    鈑金 塗装
    小川自動車工場
    茨城県結城市結城614-5
    tel 0296-33-2508

    平日   AM8:30〜PM21:30
    日曜祭日 AM11:00〜PM17:00 

    http://ogawa-tel0296332508.com